刑事初日

警察学校1年、交番1年、機動隊2年を経て、憧れの刑事になりました。


その、刑事初日に私が抱いた気持ち。

「ドラマや映画と全然ちゃうやん。」でした…。


一発目の事件は…、水死体。


昭和59年4月1日。

署長から「捜査係を命ずる」という辞令書をいただきました。

辞令書はB5サイズ。

私は嬉しさのあまり辞令書を何度も読み返しながら、

「よし!今日から憧れの私服刑事や。これからがスタートや!」と、

心の底からやる気が満ち溢れてきました。


辞令書を手に持ち、階段を2段飛びしながら2階にある刑事課へ。

刑事課長に辞令書を誇らしげに見せながら、

「今日から捜査係を命じられました秋山です!よろしくお願いします!」と大声で挨拶。


ちょうどその時でした。


「水死体が海に浮いている!現場へ急行せよ!」との無線が部屋に響き渡ったのです。



先輩刑事たちは蜘蛛の子を散らすように、一斉に刑事部屋を飛び出していく。

私は「やる気は溢れても、やり方がわからない。」状態であり、

「えっ?えっ?俺は何をしたらいいん?」とあたふたするだけ。

それを見た刑事課長に「おい新米!早よ先輩に着いて行け!」と一喝され、

「は、はい…!」慌てて部屋を出ました。


サイレンを鳴らし、赤色灯を点けた覆面パトカーに遅れて飛び乗った私は

助手席に乗り現場へ急行。

心の中で「ほんまは新米の俺が運転せなアカンのだろうな…。」と思いましたが、

現場もどこか分かってない。

「運転、俺がします!」とも切り出せぬまま、先輩についていくが精一杯でした。



水死体は男性で、臥せの姿勢で背中と腰部が海上に浮いている状態。

その死体を見た瞬間、先輩刑事たちは「やばいぞ。事件かもしれん。」と

慌ただしくなりました。


私の口からは「はい!」と出たものの、頭の中は「事件?どういう事なん?」と

疑問だらけで全く状況が飲み込めない。


死体を見るのもこれが初めて。

次の動作が見つからず立ち尽くす私に、「おい新米!早く現場保存せえ!」と

先輩刑事が怒鳴りました。


あわあわと立入禁止と書かれた黄色の現場保存テープを周辺に張りながら、

私は恐る恐る「…これって、事件なんですか?」と聞いてみました。


すると先輩はため息を少しついて、

「秋山。仏さんの腰のあたりを見てみろ。」と言うのです。


その通りご遺体に目をやりましたが、

遺体全体に藻が付着していましたのでよく分からない。

しかし目を凝らすと、何かが巻き付いてるのが見えました。


秋山「あれって…ベルト?いやロープ…?」

先輩「よーく見んか。腰に巻かれてるのはロープ。その下には多分『重し』がついている。

   要するに浮いてこないように重しを巻いているんや。」


私は、説明されてやっと「浮いてこないように重しを巻くということは、殺人事件の可能性があるんか。」と分かりました。


気が付くと周りには次々と、本部から捜査第一課の刑事達や鑑識マンが集結し、

現場は騒然。

そして、機動隊員が舟艇でご遺体を岸壁まで運んで来ました。


ご遺体を岸壁の上へ上げてから、今度は警察署の霊安室まで搬送し、

『検視』をしなければなりません。

犯罪の可能性があるかどうか、死体を調べるのです。


先輩刑事は

「仏さんの身元が判らないと長引くぞ!秋山、検視や!俺と一緒に死体を運べ!」

と言うと、ご遺体を乗せたストレッチャーの足側を持ちました。


指示どおり、私はストレッチャーの頭側を持ち、

「せいの~」の掛け声でストレッチャーを持ち上げようとすると、

予想だにしなかった事が起きました。


足側を持った先輩刑事は、元・柔道重量級の選手で、柔道6段の力持ち。

持ち上げた瞬間、ストレッチャーが私の方へ傾き、

ご遺体が私の方へ滑り落ちそうになったのです。


「落ちたらやばい!」と思って、私はとっさに滑り始めたご遺体を右肩で止めました。


すると、ストレッチャーは私の方が下向きになっていましたので、

気持ち悪い話ですが、死体の腐敗汁が私の身体に降りかかってきたのです。


刑事初日という事で着てきた新品のスーツ。

「汁がかかったらシャレにならん!」と、「あー!」と口を開けて叫ぶと、

その腐敗汁が口の中へ入ってしまう始末。


どうにか、ご遺体が滑り落ちるのは阻止しましたが、全身は腐敗汁でドロドロ。


そして何だか、口の中に違和感を感じたので、

「ペッ」と吐き出しました。



仏さんの、指でした。



「嘘やろ…。夢と現実が違いすぎる。」

すごくショックを受けました。



警察署へ搬送し検視。その後は解剖が行われました。


解剖室では、脳や胃の中の物まで細かく計量していきます。

その見るに堪えがたい光景に、私は吐き気が止まりませんでした。


「刑事ってこんな事までするんか?ドラマや映画と全然ちゃうやん…。」

憧れた華のある刑事のイメージは、初日で無残に崩れ去りました。



結果、遺体は溺死と判明。


さらに捜査の結果、上着ポケット内に運転免許証在中の財布があり、

身元も判明して自宅を調べると、そこには遺書があり自殺と判明しました。



初日の仕事を終えると、

刑事課長から「秋山、お疲れさん。刑事初仕事やから晩ごはん行こうか。」と

お誘いがありました。


現実に叩きのめされた私を見て、

労ってくれようとしたのかも知れません。


店に着くまでの間、初日のあれこれを思い返しながら、

「現実は違ったけど、ようやく刑事になれたんや。前向きに行こう。」と

気持ちを奮い立たせ頭を切り替えました。



しかし、着いた店は…焼肉店。



「解剖見た後にそれはないだろう…!」

すぐにトイレに駆け込む羽目になりました。




夢と現実は大違い、しかし、夢は目標を貫けばかなうもの。